自律神経失調症と関連の病気

自律神経失調症と関連の病気

自律神経失調症と関連のある病気

自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって身体に様々な症状を発生させる病気です。症状はひとそれぞれで、発症する原因も様々で、生活リズムや食習慣、ストレスなどが関係していると言われています。

身体的症状では、慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感など。

精神的症状では、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じるなど。

このような症状に悩まされ、医療機関にかかっても悪い部分が見つからない場合、自律神経失調症と判断されます。

「自律神経失調症」という病名

自律神経失調症は、多くの方が耳にしたことのある病気だと思います。しかし、自律神経失調症は、正式な病名ではなく、自律神経のバランスが崩れることによって起こるつらい症状を指す、「病名」というより「症状」と言えるでしょう。

そのため、自律神経失調症の捉え方は、医師によってさまざまで、治療方針も一定していないのが現状です。

精神科では、まず自分にあった治療法を見つけると同じように、自分にあった先生を見つけるのも治療の一環なのかもしれません。

最近では、自律神経失調症の症状だけが純粋に出ている患者さんは減っており、自律神経失調症をもったうつ病、自律神経失調症をもった神経症といった患者さんが増えています。そのため、心療内科では、自律神経失調症という病名をあまり使われなくなってきました。

しかし、症状が出て苦しんでいる患者さんからしたら、病名が出ないというのはとても不安ですよね。そのせいで、無駄な検査を続けてしまう患者さんがいるのも現状です。その場合、「自律神経失調症」という病名を使うこともあるようです。

 

症状によって別の病名がつく

自律神経失調症は、身体に様々な症状が出ます。それはひとそれぞれで、多くの患者さんは、1つの症状ではなく、様々な症状が重なって発症していることが多いです。

症状によって別の病名がつき、次のような症状に合わせた分別がなされます。

・激しいめまいや耳鳴りの場合⇒メニエール症

・便秘と下痢を繰り返す⇒過敏性腸症候群

・女性ホルモンの変調によって起こる症状⇒更年期障害

・10円玉くらいの頭部脱毛が起こる⇒円形脱毛症

・突然息苦しくなる⇒過換気症候群

などなど…

以下に自律神経失調症と関連の深い病気をまとめてみました。

 

 領域  診断名・疾患名
 循環器内科  高血圧・起立性低血圧・不整脈・狭心症・心筋梗塞など
 呼吸器内科  喘息・COPD・過換気症候群
 消化器内科  胃十二指腸潰瘍・過敏性腸症候群・機能性ディスペプシア・心因性おう吐・慢性胃炎など
 内分泌・糖尿病内科  糖尿病・脂質異常症・甲状腺機能亢進症など
 神経内科 片頭痛・緊張性片頭痛・心因性めまい・自律神経失調症など
膠原病内科  関節リウマチ・SLEなど
整形外科  頚腕症候群・腰痛症・肩こりなど
泌尿器科 過活動膀胱・夜尿症・勃起不全症など
皮膚科 アトピー性皮膚炎・慢性蕁麻疹・円形脱毛症・多汗症など
歯科 顎関節症・口内炎など
精神科 身体表現性障害・摂食障害・睡眠障害など

※元住吉こころみクリニックさんのサイト参照

ただし、自律神経失調症と似たような症状が伴う重大な病気もあるので、自己診断は危険です。自律神経失調症に、うつ病などのこころの病気が隠れている場合もあるので、注意が必要です。

 

仮面うつ病を疑ってみる

自律神経失調症の症状がなかなか治らない

自律神経失調症として治療を受けたり、生活習慣の改善を試みたりしたのにも関わらず、つらい症状が続くことがあります。この場合、うつ病の可能性も考えてみることが大切です。

治らないことが不安で、症状が悪化してしまうこともあるので、のんびりで大丈夫です。もしかしたら、自分が気づかないものがあるかもしれないという考えは、こころの片隅にそっと置いておきましょう。

 

うつ病は精神症状だけでなく、身体症状もみられる

うつ病と聞くと、「気持ちが落ち込む」「自分を責めてします」「わけもなく悲しい」など、精神的な症状が思い浮びますよね。

しかし、うつ病では、そのような精神症状だけではなく、身体がだるい、頭痛や肩こりがある、めまいや動悸がするといった、身体症状も現れます

また、軽いうつ病の場合は、もはや身体症状が強く出る傾向があり、気づきにくいことも特徴にあります。このように、一見うつ病ではなく他の疾患に思える状態を「仮面うつ病」と言うのです。

 

仮面うつ病の場合、身体的な症状がつらいことが中心的ですが、心療過程で、やはり、うつ病特有の精神的な症状が見て取れます。その場合、仮面うつ病と診断されます。

 

その後、うつ病の治療がはじまりますが、その治療によって自律神経失調症の症状も改善されて行きます。

 

うつ病を見つけるポイント

▼うつ病に特有な精神症状に気づこう

①感情の障害

気分が落ち込んで元気がでない。気が滅入って憂鬱だ。

②意欲・行動の障害

気力がわかない。何をするにも億劫だ。

③興味、関心の障害

新聞を読まなくなった。好きなことが楽しめない。

▼不眠や食欲不振、その他の身体症状とともに精神症状も2週間以上続く。

 

現代では、うつ病はこころの風邪といわれるほど、誰しもがなり得る身近な病気といえます。自分は大丈夫と思っていても、本当は、こころが泣いているかもしれません。

あなたが、あなたのこころにそっと寄り添って、ゆっくりでいいので、こころの異変、からだの異変に気付いてあげましょう。うつ病も、自律神経失調症も治る病気です。あなたのペースで、症状と向き合って行きましょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

自律神経失調症カテゴリの最新記事