自律神経失調症ってどんな病気?

自律神経失調症ってどんな病気?

自律神経失調症とは

皆さんは、自律神経失調症を知っていますか?生活リズムの崩れや栄養バランスの崩れなど、ちょっとした原因から誰しもがなりえる身近な病気です。今回は、そんな自律神経失調症について学んでみましょう!

自律神経って、なんですか?

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器など、私たちの身体の活動を24時間調整し続けている神経です。A子ちゃんは、手足を動かすとき、意識して動かしているよね?でも、心臓や胃腸は、動かすぞ!と思って動かしているのではなくて、無意識に動いていますよね。これらは全て、自律神経が働いて調節してくれてるんです。

自律神経には、交感神経・副交感神経の2つの種類があります。

交感神経は、活動する神経と言われていて、昼間など体を活発的に動かしているときに働いている神経です。緊張しているときや、ストレス時に活発的になり、呼吸や心臓の動きを速くする、血圧を上昇させる、胃腸の働きを抑制するなどがあげられます。

副交感神経は、休む神経と言われていて、心身を休め、体のメンテナンスを行う神経です。睡眠時など、リラックスしいているときに活発的になり、呼吸や心臓の動きを遅くする、血圧を下げる、胃腸の働きを活発にするなどがあげられます。

交感神経が働いているときは、副交感神経は休んでいて、副交感神経が働いているときは、交感神経は休んでいます。このように、2つはシーソーのような関係をしており、この2つがバランスよく活動することで、私たちの身体は維持されているのです。

  • 交感神経・・・活動中、緊張している時、ストレスを感じている時
  • 副交感神経・・体の休息中、回復をしている時、リラックスしている時

なるほど!自律神経ってわたしたちの身体の中で、とっても大事な役割を担っているんですね。じゃあ、自律神経失調症って何ですか?

自律神経失調症とは、自律神経が乱れること、要するに、交感神経と副交感神経の関係のバランスが崩れることを言います。自律神経が乱れると、身体に様々な症状が発生します。

主な症状としては、次のような症状があげられます。

  • だるい、疲労感
  • 多汗あるいは汗が出ない
  • 食欲増加もしくは低下
  • 睡眠障害
  • 立ちくらみ
  • めまい
  • 微熱・発熱
  • 血圧の異常(低血圧・高血圧)
  • 頭痛
  • 動悸
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 手足のしびれ
  • 息苦しさ
  • やる気がなくなる
  • 何をする気にもなれない
  • ささいなことに強い不安を感じる
  • なんとなく気分が晴れない
  • 感情の起伏が激しい、すぐカッとなる、すぐ涙ぐむ
  • あせり(焦燥感)や疎外感を感じる
  • なんとなく落ち込んだ気分になる

自律神経失調症の場合、身体に悪い部分がない状態で体調不良が起きるため、病院で検診をしても原因が見当たらず、それによって自律神経失調症と判断されます。しかし、自律神経失調症と思い込んで、病気の発見を逃すことがないようにしなくてはいけませんよね。

こんなにいろいろな症状があるんだ…。自律神経失調症ってとってもつらい病気なんですね。自律神経失調症にならないためには、どうしたらいいんですか?

自律神経失調症は自律神経が乱れることで生じるというお話をしましたね。自律神経が乱れる原因には、以下のものがあげられます。

  • 生活リズムの乱れ
  • 過度なストレス
  • ストレスに弱い体質
  • ストレスに弱い性格
  • 環境の変化
  • 女性ホルモンの影響

その中でも、自律神経が乱れる最大の原因はストレスにあるといわれています。

職場環境、人間関係や生活リズム、災害、気圧などのその人を取り巻く環境と、その人自身が持つ体質や性格、持病などの要因が複雑に絡み合ってストレスとなります。

対策としては、これらの原因を回避することが求められます。ストレスは、自分が気づかないうちに蓄積されている場合もあります。自分は大丈夫!と思っていても、気付いたら自律神経失調症になっていたという人もたくさんいます。まずは、自分自身の生活を見直し、これは良くないかもしれないと思ったら、軽く考えずにしっかり改善していくように心がけましょう。

気になる方は、以下のリンクから自律神経失調症診断を行って見てください。

自律神経失調症診断

不安や疑問がある方は、ご気軽に質問コーナーにてご相談下さい(^^)

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ

自律神経失調症カテゴリの最新記事